aokirozin's log

技術と音楽とアニメと読書の健忘録

SMARTalk (FUSION IP-Phone SMART)

いわゆる050で始まるIP電話の番号を取得して利用できるサービス。似たサービスに050plusがあるがこっちは月額固定費がかかってしまうので、普段使わないけど稀に着信で使う、とかならSMARTalkは良い選択肢だと思う。発信したときの通話料金は30秒ごとに税抜8円。

スマホ用の専用アプリがあり、取得した050の電話番号で発着信できる。複数の番号を同時に持つことができるが、そのあたりの使い勝手がよく分からなかったので、試してみた。

まず、FUSION IP-Phone SMART のアカウントを取得する際にはメールアドレスとクレジットカードが必要になる。これで、1つ目の番号を取る。2つ目の番号を取る際には1つ目のアカウントとは別にアカウントを新規作成する感じになる。その際、1つ目と同じクレジットカードを使うと、2つ目の取得手数料という謎の費用が税抜500円かかる。面倒なので同じカードで登録したが。これで2つの番号を持つことができる。3つ以上も同様だが、1つのクレジットカードで取得できる番号の上限は5個のようだ。

次に、スマホアプリSMARTalkでの複数アカウントの扱いについて。基本的には使いやすいようにできていると思って良い。設定から発信の番号を1つ選択することになる。着信はすべての番号から受けられる (専用アプリを起動していなくても着信できる)。

f:id:aokirozin:20140430101249p:plain

これがSMARTalkの設定画面。SIPアカウントというのがいわゆるIP電話の番号。そのうちの1つを発信用に指定する。

f:id:aokirozin:20140430101458p:plain

SMARTalkの発信画面。左上が発信および着信するデフォルトの番号が表示される。

SMARTalkは自営業用の電話番号として使ってます。少なくとも個人用の携帯電話番号よりはマシだと思うし、使い分けができて便利。なにより、スマホアプリがあるので、どこでも通話できるのは大きいと思う。