aokirozin's log

技術と音楽とアニメと読書の健忘録

VPSにリモートログイン

VPSを借りると、VPSのIPアドレスとroot (スーパーユーザ) のパスワードが送られてきます。

初期状態ではVPSが起動していないので、VPSのコントロールパネルからログインします。さくらのVPSだと以下のような画面です。ここで、パスワードはコントロールパネルに入るためのもので、VPSのrootのパスワードとは異なります。さくらのVPSでは初期パスワードは両方とも同じなので紛らわしいですが。

f:id:aokirozin:20131205000409p:plain

コントロールパネルにログインしたら、VPSを起動させます。「仮想サーバ操作」の「起動」ボタンを押すだけです。

f:id:aokirozin:20131205001246p:plain

「ステータス」が「稼働中」になりました。これで準備完了です。

f:id:aokirozin:20131205001458p:plain

まずはSSH (Secure Shell) を使ってVPSにリモートログインをします。SSHクライアントソフトは、いろいろありますが、Poderosa (ポデローサ) を使うことにします。ZIPファイルを適当なフォルダに解凍して、Poderosaを実行します。

「ファイル」→「新規Telnet/SSH接続」で、必要な情報を入力します。「ホスト」にはVPSのIPアドレス、「アカウント」にはroot、「認証方法」はパスワード、「パスフレーズ」にはrootのパスワードを入れて、「OK」を押します。初めて接続するときに、「SSHサーバの公開鍵はssh_known_hostsに登録されていません。登録して続行しますか?」と聞かれるので、「はい」を選択します。

f:id:aokirozin:20131205002322p:plain

[root@ホスト名 ~] #

というプロンプトが出れば接続完了です。これでLinuxコマンドを利用してVPSをリモート操作できます。これはホスト名にrootというユーザでログインしていて、今はホームディレクトリ (~) に居ることを示しています。ホスト名はさくらのVPSの初期状態だと「wwwなんたら」になるかと思います。

CentOS 6で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network Server Construction Guide S)

CentOS 6で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network Server Construction Guide S)